うつ病と心理学と自分

双極性障害Ⅱ型の現役大学生。将来は不透明。

誰よりも前向きだと思う話

どうもshamGです。

最近、鬱期でもそれでも死にたくない、死んでたまるか、死ねないと思うという思考が出てくる事に気が付いたので、
タイトルのテーマについてお話したいと思います。

その前に。

そんな私でも中学生、高校生時代は、1日に1回は死にたいとか消えたいって思うくらいには
生きることにつかれていました。
この時から躁鬱の兆しはあって、出来る時の自分の出来ない時の自分の落差に困り果てていて、
でも周りは「自分で選んだことでしょ」「出来ないのに何で?」「今度もきっと出来ないのわかるよね」といった言葉
を容赦なく浴びせて、

それがもうどうしようもなくて死にたくて仕方なかったのです。

自分が一番困っているのに助けはなく、努力すればするほど、この差は開く一方で、躁と鬱の乖離は激しいものになっていきました。
とにかく、こんな生き方を今後も人生で続けなくてはいけないのが嫌だったのです。

そんな時、忘れもしない2011年3月11日の歴史を揺るがした東北大震災。

…の数日後でした。

もともと母と別居していた父の自殺。

48歳でした。

私の精神はおかしくなるかと思えば、そうでもありません。
涙も出ず、ただただ怒りと呆れ。それだけでした。

でも、それ自体がおかしかったんです。

この時不登校をしていた私はこの出来事をきっかけに、学校にすんなりと戻っていったのです。
だって「出来る気」がしたから。

死ねない「動機」の完成

しかし、これは今思えば躁的防衛にすぎなかったのです。3か月もするとやはり私はまた学校に行けなくなりました。

以降、私は死にたいと思う事すら罪であると感じるようになりました。

誰があんな、父の最期を、同じ末路を辿りたいと思うのか。
私が仮に自殺で死んで、誰が父と同じところへ行きたいと願うものか。

このような思考がまとわりつくようになりました。

それは生きながらの地獄です。逃げ場がいよいよない、八方ふさがりの状態です。

死にたくても死ねない、死にたいと思うのは悪魔の誘惑。

そんな状態を数年生きて、それでも何とか生きてきました。

生きる「動機」の完成

見方を変えれば、それは生きることへの動機にもなりました。不純である事は承知ですが。
しかし、これは何よりも強い動機です。皆さんは生きる動機を自覚したことがありますか?

躁鬱という荒波に飲まれそうになっても立っている強い意志。

私はポンコツになる時もあるけど、でも、飲まれまいとする意志は自分の中に持てたとそう確信しています。
だからこそ、荒波にただ立ち尽くすのではなく、波にのまれても泳いで自分を保つ術を獲得したいとそう日々思っております。

父のように悪魔の囁きに唆されるのではない、あくまで自分が生きる主体でありたいのです。

この意志は鬱期でも持ち続けています。だからこそ私は楽天主義者ではないけど、自分の事を前向きだと勝手に思っているのです。

鬱=後ろ向きではない

鬱というのはある意味、生という大きな存在を目の当たりにして戦っているものだと私はそう感じています。
苦しみながらも、そんな大きな存在と戦い、今日を生きているのであれば、

それだけで尊いものなのではないかと思うのです。

確かに心身の状態は良くないですし、ネガティブな思考に陥ります。

それでも生き抜くこと、そのために「何もしない」事も十分な戦略じゃあありませんかと

私は言いたいです。