双極性Ⅱ型の呟きの行く先

双極性障害Ⅱ型の現役早稲田生。将来は不透明。

自由

理由もなく、せわしない街を歩く。

 

視界に入った公園に寄り、

太陽光に当たりながら本を読む。

 

何と緩やかな時間だろうか。

誰にも何にも縛られる事のない、

広げた腕の先に広がる世界。

 

私はこれだけ広い世界を知らなかった。

私はこれだけ広い世界の自由を知らなかった。

 

階段の横、石段に座る。

 

片側に向かって座ると、

脚が宙ぶらりんになり、後ろに倒れようとすると平地に仰向けになれる。

 

もう片側に向かって座ると、

脚を平地に伸ばせるが、後ろに倒れようとすると地面に叩きつけられてしまう。

 

私は後者に恐怖を覚えた。

後ろに倒れなければ、

地面に叩きつけられることもないというのに。

杞憂でしかないのに。

 

自由。

 

私はこの壮大な概念の前では、

やはりちっぽけな存在でしかない。

 

行動さえ起こさなければ、

起こることのない恐怖を縛られてる。

 

それでも、私は変わる。

 

自由は私の内にしかなくて、

私の内は自由にしか求められない。

 

世界を泳ぐ。

私はそれが出来るほどに自由だった。

ただ、気付かなかっただけだ。

 

私は変わる。今日、ここから。

 

私の存在を全力で肯定できる私になる。

 

私は、自由だ。