双極性Ⅱ型の呟きの行く先

双極性障害Ⅱ型の現役早稲田生。将来は不透明。

幸福

日常は幸せなのだろう。

生きていく事は幸せなのだろう。

四肢を自由に動かし、心をもって自由に表現する。

なんて幸せなことなのだろうか。

 

さて、これは建前である。

 

業が追ってくる程欲深いのだろう、私は。

アイスコーヒーの氷水をすすっては旨いと

自分を騙している。

 

まやかしだ、何もかも。

一時の思考の過ちと感情の波に身を任せた。

その結果だ。

 

誰を責められる。すべて私の責任ではないか。

 

生きて、死を見て、死にたくなって、生きている。

 

手にいれたいもの程手に入れられないのは当然の事。

それが人生だと何故気づかなかったのだ。

 

それこそ私の絶対的な宗教として立ちはだかる、虚しき憧憬ではないか。

 

神が何を考えているかなど知る由もない。

でも知りたいと願うのが、残酷な人間の性ではないか。

手の届くはずもない、残酷な願望だ。

 

私は幻影に囚われ続けている。

 

切り離したくても迫ってくる影。

私が存在する限り存在する厭わしき存在。

 

邪魔。見たくない。

 

絶対も永遠も存在し得ないのだ。

色即是空、空即是色。

 

圧倒的絶望間の前に今出来る事。

それは少なくとも泥水をすすること。

 

屈服することが出来ないのであれば、

群れから離れ、余生を全うすること。

 

はみ出しものの流儀は、大層れたものではない。

それが私の本質と生き方なのかもしれない。